新型コロナ関連速報5日:市1202人/県397…

暮らす・働く 学ぶ・知る

横浜ビー・コルセアーズが桐蔭横浜大と協定 人材育成と地域活性目指し協働

協定締結後の横浜BCの白井英介代表取締役(左)と、桐蔭横浜大学の森朋子学長(右)

協定締結後の横浜BCの白井英介代表取締役(左)と、桐蔭横浜大学の森朋子学長(右)

  • 0

  •  

 男子バスケBリーグ・横浜ビー・コルセアーズ(横浜市都筑区)は、桐蔭横浜大学(青葉区鉄町)と地域・社会貢献と学生やアスリートに対する人材育成に寄与することを目的に、連携・協力に関する協定を締結した。スポーツ領域とアカデミー領域の協働プロジェクトがスタートする。

「学びの場ができる意味は大きい」横浜BCの白井代表

[広告]

 調印式は、学校法人桐蔭学園桐蔭横浜大学内のアカデミウムポロニアホールで10月7日に行われた。横浜BCからは、白井英介代表取締役、植田哲也取締役。桐蔭横浜大学からは、森朋子学長、河本達毅副学長、吉鷹幸春スポーツ健康政策学部長が出席した。

 連携・協力の内容は、学生・選手・スタッフや社会人への学びの場の提供、地域貢献活動での協働、横浜BCの集客向上に向けた活動の3点が骨格で、細目は現在作成作業が進んでいる。

 横浜BCの白井代表は「私たちのプロスポーツビジネスに関する学びの場を学生の方々に提供する。併せて選手やスタッフとっても新たな学びの場ができる意味は大きい」とした。桐蔭横浜大学の森学長も「心を一つにして活躍するプロスポーツの世界は学生にとっても学ぶことが多くとても魅力的。タッグを組んでいきたい」と意欲を見せた。

 協定締結の背景には、スポーツチームやアスリートの社会全体への影響力が高まってきたことが挙げられる。その中で、選手やスタッフ、そして学生に対してスポーツを基盤とした「学びの場」の提供は、相互にとって有効で魅力的なポートフォリオになる。「大学」「スポーツチーム」「地域」が一体となったスキームの創成に向けて動き出す。白井代表は「まず第一歩」と先を見据える。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース