天気予報

32

24

みん経トピックス

世界的庭園デザイナートーク横浜の古民家でこいのぼり

都筑区都田・池辺エリアで「ボランティアバス」実証運行へ 

都筑区都田・池辺エリアで「ボランティアバス」実証運行へ 

横浜環状北西線建設関連企業による地域貢献協議会がボランティアバスとしてミニバンを提供した

写真を拡大 地図を拡大

 都筑区都田・池辺エリアで5月8日、「ボランティアバス」の実証運行が始まる。

4月17日には発進式が行われた

 幅員の狭い道路や急な坂道などが多く、路線バスの運行が困難な同エリア。高齢者や子育て世代の買い物や通院など、日常生活の移動手段確保が必要と、以前から意見が多かった。

 同エリアでは昨年、都田連合町内会と池辺連合自治会のメンバーを中心とした「都田・池辺地区ボランティアバス準備会(現・協議会)」が発足。同エリアで建設中の高速道路「横浜環状北西線」の建設関連企業による「地域貢献協議会」と横浜市都筑区とともに検討を重ねて、今回の実証運行が決まった。

 ボランティアバスは8人乗りの小型ミニバン(乗客定員は6人)。横浜環状北西線建設関連企業による地域貢献協議会が提供した。運転は地域のボランティア約20人が行い、燃料費などは横浜市が支援する。

 4月17日にはららぽーと横浜で「都田・池辺地区ボランティアバス発進式」が開催され、関係者によるテープカットが行われた。都田・池辺地区ボランティアバス協議会の村田輝雄会長は「多くの皆さんのご協力で運行が始まる。これが新しい地域の足になることに期待する」とあいさつした。

 運行ルートは都田と池辺をそれぞれ回る2路線で、週2日・1日5便運行する。実証運行は2018年度末までを予定。乗車無料。乗車には事前登録が必要で、申込書は各町内会館・自治会館や都筑区役所区政推進課で配布。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

キーサウス(横浜市都筑区茅ケ崎中央)内の大型スポーツ専門店「スポーツオーソリティ 港北ニュータウン店」が8月18日、リニューアルオープンした。増床した売場面積を生かして、幅広い商品をそろえる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング