見る・遊ぶ

冬に咲くサクラが満開で見頃 横浜・藤が丘地区センター

満開「ヒマラヤザクラ」(12月1日撮影)

満開「ヒマラヤザクラ」(12月1日撮影)

  • 3

  •  

 冬に花を咲かせる「ヒマラヤザクラ」が藤が丘地区センター(横浜市青葉区藤が丘1)で見頃を迎えた。

ミツバチも花に誘われる

 ヒマラヤザクラはバラ科サクラ属の樹木。ネパール地方原産といわれる冬に咲くサクラで、ピンク色の花は散る間際に色が濃くなる。2004(平成16)年に、センター開館15周年を記念して玄関前に植樹された。

[広告]

 苗木は、近隣の園芸家で20年以上ネパール・ヒマラヤの山村で植林協力を行っている高橋佳晴さんが持ち帰った種子を育てたもの。同館では高橋さんの協力を得ながら長年大切に育ててきた。毎年11月から12月にかけて花を咲かせており、地域のシンボルツリーになっている。

 今年は11月14日に開花。現在満開で見頃を迎えた。職員によると「今年は秋になってから寒暖の差が激しいため、例年よりもかなり早く満開になった」と話す。