学ぶ・知る

50代60代からの「学び直し塾」 SDGsの視点から地域の働き場を

昨年の「学び直し塾」の様子

昨年の「学び直し塾」の様子

  • 2

  •  

 ロクマル世代(60代)・プレロクマル世代(50代)からの起業や自己実現につなげるための「学び直し塾」が10月17日から始まる。

 ロクマル世代の活動支援を行うNPO法人ロクマル(TEL 045-944-1714)が2018(平成30)年から毎年行っている同企画。新しいことを始めようとしているこの世代を応援するために今年は、SDGsの視点から地域を捉え、地域の課題を知ることで働きの場を作ることを目指す。

[広告]

 12月12日までの期間、「SDGsと地産地消な働き」をテーマに14講座を用意。例年対面の講義を実施してきたが、今年はZoomを使ったオンライン参加にも対応する。

 講義はSDGsや地域活動について学ぶ座学、ワークショップ、女性限定プログラムなど。最終日の12月12日には臨床社会学者で元松山大学人文学部教授の春日キスヨさんを招く講演会も予定する。

 同法人の小林智美さんは「コロナによって、生活や働き方が大きく変わり、改めて地域に目を向ける機会が増えたと思う。今年は、生活している地域での働き方や仕事づくりをSDGsの視点も取り入れて学ぶ」と話す。

 受講料は1講座=1,500円~。1講座から受講可能。要予約。