見る・遊ぶ

ズーラシア隣に常設のアドベンチャースポーツ施設開園へ

ケーブルを使って木々の間を移動する

ケーブルを使って木々の間を移動する

  •  
  •  

 自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・よこはま」(横浜市旭区上白根町)が9月14日、よこはま動物園ズーラシア(同)隣接エリアにオープンする。

 このエリアは横浜市により「横浜動物の森公園未整備区域」とされている。今回は「にぎわい創出」「利活用の促進」を目的とした事業公募で同施設が選ばれた。

[広告]

 「フォレストアドベンチャー」は、フランス・アルタス社が企業研修用に開発したものをレジャー用にパッケージにしたアドベンチャースポーツ。敷地内の各立木に地上3~15メートルの足場を設置し、木々の間に張られたケーブルを使って空中移動を楽しむ。2017(平成29)年には、花と緑のイベント「第33回全国都市緑化よこはまフェア」の一環で、同エリアに期間限定営業していた。

 国内ではフォレストアドベンチャー社(山梨県富士河口湖町)が運営しており、同施設は31カ所目のオープン。身長90センチ以上、小学3年生以下で利用できるキッズコースをはじめ、キャノピーコース、アドベンチャーコースなど所要時間や利用条件ごとに3コースを用意する。

 施設内にはベビーカーや車椅子でも樹上感覚が楽しめるエリア「ユニバーサルパス」を国内初導入。来春にはマウンテンバイクで森の中を楽しめる「トレイルアドベンチャーエリア」のオープンも予定する。

 同施設マネジャーの角正睦さんは「多彩なコンテンツがあり、幅広い世代に楽しんでいただける施設となった。多くの方にお越しいただけたら」と話す。

 利用料金は1,500円~(コースによって異なる)。要予約。ユニバーサルパスは予約不要・利用料金無料。

  • はてなブックマークに追加