天気予報

31

20

みん経トピックス

新横プリで花とランチ企画イトゥアーノFC横浜が誕生

えだきん商店街にコーヒー店がオープン こだわりコーヒー豆やランチも提供

えだきん商店街にコーヒー店がオープン こだわりコーヒー豆やランチも提供

元自動車整備の仕事をしていたという代表の東野さん

写真を拡大 地図を拡大

 えだきん商店街に2月17日、コーヒー店「Edamame COFFEE」(エダマメコーヒー、横浜市都筑区荏田南5)がオープンした。

 自動車整備の仕事をしていた代表の東野洋介さんらがオープンした同店。もともとNAP CAFEがあった店舗で、広さ約40平方メートルの店内には12席を用意する。

 コーヒーは、北九州にあるコーヒー豆専門店「コーヒーボーイ」からの直送焙煎豆を使用。コーヒーをはじめとしたドリンク、ケーキやフード、ランチ、ディナーを提供し、コーヒー豆も扱う。

 コーヒー豆はEdamameブレンド、ブラジルピーベリー、宗像大豆ブレンド、ノンカフェインのDECAFE、期間限定のさくらブルボンなど9種類。価格は100グラム540円~。

 店内メニューはハンドドリップコーヒー(Edamameブレンド使用、540円)、カフェラテ(540円)、自家製ドライカレー(972円)、いちごのケーキ(378円)、和・洋の各ランチ、ディナー(内容は週替わり、972円)など。

 今後はテークアウトコーヒーや、貸切にも対応予定。営業時間は11時~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜・港北を中心にタクシー・ハイヤーサービスを展開している三和交通(横浜市港北区鳥山町)が6月11日、乗務社員が各スタイルで「おもてなし」をするサービス「忍者でタクシー」と「SP風TAXI」の提供を始めた。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング