見る・遊ぶ

大倉山観梅会、今年は開催中止 梅テーマの写真コンテストは募集中

昨年の観梅会の様子

昨年の観梅会の様子

  • 13

  •  

 大倉山公園(横浜市港北区大倉山2)内梅林で予定していた今年の大倉山観梅会は、新型コロナウイルス感染症の影響で開催中止となった。

 約1万平方メートルの敷地内に、46種類約220本の梅が植えられている同梅林。とがった花びらの剣弁と丸い丸弁が一本の木で咲く「書屋の蝶(ちょう)」や、一つの枝に淡い赤と白の花が咲き乱れる「思いのまま」、中国伝来の緑がかった花が咲く「緑萼梅(りょくがくばい)」など珍しい品種を鑑賞できる。

[広告]

 毎年1月下旬から品種によって、早咲きから遅咲遅咲きまで順番に開花していくので、春先まで梅を楽しめる。例年2~3月に観梅会を開いてきたが、今年はコロナ禍で、終息が見込めないことや感染拡大防止の観点から、実行委員会が中止を決定した。

 観梅会に合わせて行う港北区の花「梅」をテーマにした「こうほく梅の写真コンテスト」は予定通り開催。今年1月1日から3月31日までの期間、港北区内で撮影された梅をテーマにした写真を募集する。

 応募サイズは四つ切り判(単写真のみ。ワイド四つ切りも可)で、1人2点まで応募できる。締め切りは3月31日。最優秀賞1点、金賞2点、銀賞3点、銅賞3点、佳作若干数を選出する。発表は6月で、入賞作品は区役所や大倉山記念館ギャラリーで展示予定。応募は港北観光協会事務局まで。