3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

東名と第三京浜結ぶ「ほくせいせん」開通 式典は中止

横浜港北ジャンクション

横浜港北ジャンクション

  • 241

  •  

 東名高速道路「横浜青葉ジャンクション」と第三京浜道路「横浜港北ジャンクション」を結ぶ「高速神奈川7号横浜北西線(ほくせいせん)」が3月22日に開通した。

横浜青葉ジャンクション

 延長約7.1キロの同路線は、約6割がトンネル区間(横浜北西トンネル)の自動車専用道路。事業着手は2012(平成24)年で、用地取得などを経て、2017(平成29)年にはシールドマシン(掘削機)による掘削を開始した。当初は2022年の開通を目指していたが、近隣住民の理解によって用地取得期間が短縮されたほか、掘削工事と同時に道路設備の工事が行われたため、完成が約2年早まった。

[広告]

 当日の開通式典は新型コロナウイルスの影響で中止したが、16時には予定通り開通。多くの一般車両がほくせいせんの利用を始めた。

 開通によって、40~60分かかっていた東名高速から大黒ふ頭までの所要時間が、ほくせいせん・きたせん利用で約20分に短縮。国内トップレベルで交通量の多い「保土ヶ谷バイパス」の渋滞改善や、災害時の道路ネットワークの信頼性向上に期待がかかる。