3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

都筑区総合庁舎前に薬膳火鍋のダイニングバー「扉」 肉の厚さにもこだわる

各種コースを用意する

各種コースを用意する

  • 98

  •  

 都筑区総合庁舎前に2月10日、「酒どころ&薬膳火鍋 ダイニングバー 扉」(横浜市都筑区茅ケ崎中央、TEL 045-509-1244)がオープンした。

明るい店長が出迎える

 10数種類の香辛料を使った薬膳スープで肉や野菜を煮込む鍋料理「薬膳火鍋」をメインに提供する同店。約100平方メートルの店内にテーブル、カウンター席、大小個室の43席を用意する。

[広告]

 大きな宣伝をしていないが、口コミが広がり開店から2週間で満席になる日も多いという。

 看板メニューはラム肉や豚肉を使った火鍋にもやしナムル、水ギョーザ、締めの麺が付いた「薬膳火鍋小窓コース」(1人2,398円、2人前から人数分注文)。そのほか各種コース料理や飲み放題メニューも用意する。

 店長の飯沼和樹さんは「薬膳火鍋をメインにしたお店は都筑では珍しいのでは。使う肉の厚さにもこだわって、おいしい火鍋を目指した。体にもいいので一度お越しいただけたら」と話す。「一品料理などもそろっているので、『酒どころ』としてちょい飲みでの利用も歓迎する」とも。

 営業時間は17時~23時。3月中旬以降にランチ営業も予定。