3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

都筑民家園で「ひな祭りウィーク」 つるし飾りやひな人形で古民家華やかに

つるし飾りで彩られた古民家

つるし飾りで彩られた古民家

  •  
  •  

 つるし飾りと明治から平成までのひな人形を飾る「ひな祭りウィーク」が2月20日、大塚・歳勝土遺跡公園(横浜市都筑区大棚西2)内の「都筑民家園(TEL 045-594-1723)」で始まった。

 3月3日の桃の節句に合わせて、つるし飾りや有志が所有している明治~平成のひな人形を飾る企画。中には京びなの老舗丸平大木人形の明治期のひな人形など貴重な展示もある。

[広告]

 期間中は園内の古民家にひな人形を飾り、その周りを「つるし飾り」で彩る。「つるし飾り」は江戸時代頃から始まったとされる天井から縁起物をつるす飾り。縁起物は子どもの健やかな成長を願い、端切れを使って手作りする。同園では桃やハマグリ、フクロウなど30種類以上の縁起物を毎年有志が作りためており、その数は8000個以上にもなる。

 展示は3月3日まで。開催時間は10時~16時30分。入場無料。例年行われている煎茶カフェとひな祭り茶会は、新型コロナウイルス対策のため中止。