見る・遊ぶ

工業部品で作品づくりに挑戦 あざみ野で子ども向けアート企画

金属やプラスチックの工業部品を使って作品をつくる

金属やプラスチックの工業部品を使って作品をつくる

  •  
  •  

 工業部品を組み合わせてアート作品を作る子ども向けプログラム「リサイクルアートに挑戦!」が7月13日・15日、横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜市青葉区あざみ野南1)で開催される。

 子どもが自主的に挑戦したくなる、さまざまな体験プログラムを展開している同館。今回は乗り物などの普段目にする機械に使われている部品や資材に注目して、アート作品づくりに挑戦する。

[広告]

 総合電力機材メーカー「古河電工パワーシステムズ」(同南2)の協力で、工場から出た金属やプラスチックの工業部品を使用。制作した作品は、同館で7月26日から8月4日までの期間行われる 子どものための展覧会「あざみ野こどもぎゃらりぃ2019」で展示される。

 プログラムは全2日で、開催時間は両日とも14時~16時。対象は小学3~6年生。参加費は2,000円。要予約(応募は同館ホームページから、締め切りは6月28日)。

  • はてなブックマークに追加