学ぶ・知る

金継ぎのワークショップ 青葉区・桜台のアートギャラリーで

手がかぶれにくい「新うるし」を使う

手がかぶれにくい「新うるし」を使う

  •  
  •  

 欠けてしまった器などを修復する「金継ぎ」体験のワークショップが1月22日と2月26日、クラフトショップ&アートギャラリー「エスニカ」(横浜市青葉区桜台、TEL 045-983-1132)で開催される。

 世界のアートやクラフト、アンティークなどのアイテムを展示販売している同店。古道具や古家具の修繕も対応している。

[広告]

 「金継ぎ」は、陶磁器の割れや欠けた部分を漆で接着して、継ぎ目に金などの素材をのせる修復方法。今回は扱いの難しい漆ではなく、短時間で固まり、手がかぶれにくい植物由来の合成漆「新うるし」を使う。

 講師にはデザイナーやイラストレーターとしても活動している「金継ぎの柳家」の柳澤綾佳さんを迎えた。参加者は修復したい器を持ち込み(1人2~3点)、金継ぎに挑戦する。

 同店の田原雅オーナーは「すでに金継ぎへのお問い合わせが入っていて、注目度の高さを感じる」と話す。「2019年の当店は、リペアやリサイクル、リメークなどリ(Re)が付くことをテーマに活動していく」とも。

 開催時間は両日とも11時~13時。料金は3,500円。要申し込み。

  • はてなブックマークに追加