見る・遊ぶ

新横浜ラーメン博物館が年末年始休業 2011年以来7年ぶりに

新横浜ラーメン博物館

新横浜ラーメン博物館

  •  
  •  

 新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区新横浜2)が12月31日・1月1日の2日間、7年ぶりに休業する。

 「昭和33年の下町」を再現した館内に、全国のラーメン店(時期ごとに入れ替わる)が出店する同館。ラーメン店のほか、駄菓子店やスナック、居酒屋などもあり、昭和の雰囲気を盛り上げている。

[広告]

 新横浜エリアでは年越しイベントなども多く、この時期は来館者も多い。同館はしばらく、年末年始を含め年中無休で営業してきた。

 休業理由について担当者は「特に大きな理由があるわけではない。各ラーメン店のオーナーとも話し賛否あったが、今年は休もう、ということになった。久々の正月をゆっくり過ごせたら」と話す。

 前回休業したのは2011年3月14日で、東日本大震災の計画停電の影響だった。休業は7年ぶりとなる。

 年内最後の営業は12月30日(22時30分閉館)、年始は2019年1月2日(10時30分開館)から営業を始める。

 同館の入場料は、中学生以上=310円、小学生・シニア(60歳以上)=100円、小学生未満無料。

  • はてなブックマークに追加