学ぶ・知る

広島「ビールスタンド重富」招いたビアイベント 横浜・都筑で

「ビールスタンド重富」の重富寛さんを招く

「ビールスタンド重富」の重富寛さんを招く

  •  
  •  

 広島で人気を集める「ビールスタンド重富」の重富寛さんを招いたビアイベントが12月23日、センター南の鉄バルレストラン「ONE'S STAR(ワンズスター)」(横浜市都筑区茅ケ崎中央)で開催される。

 「ビールスタンド重富」は広島市中区にある夕方2時間だけ営業する立ち飲み店。祖父が約70年前に広島で生ビールを広めたという重富寛さんが2012年にオープンした。

[広告]

 昭和初期刊行の「生ビール読本」を元に当時のビールサーバーを特注で再現。注ぎ方によって変わるさまざまなビールの味わい方を提供している。

 当日は「映画『日本の麦酒史(ビールヒストリー)』上映会&重富注ぎ体験会」と題して開催。重富さんが監修した、北海道開拓使のために作られたビールから、日本人のビールの歴史をまとめた映画を上映する。

 上映後は、食事と重富さんによる注ぎでビールを提供。広島から持参する昭和に使われていたスイングカラン式と呼ばれるビールサーバーによる注ぎ分けが体験できる。

 重富さんは「明治維新150周年にあたる本年の最後に、横浜で開催できることをうれしく思う。明治2年に横浜山手で日本初のビール醸造所が誕生し、明治9年には北海道で、官営のビール醸造所『北海道開拓使麦酒醸造所』が開設した。映画では日本のビールの歴史の黎明(れいめい)期を伝える。50年前のスイングカランで注いだビールとともに楽しんでいただけたら」と話す。

 開催時間は1回目=14時~16時30分、2回目=17時~19時30分、3回目=20時~22時30分。料金は4,000円(要予約、上映会・食事・ビール1杯付き、追加ビールは1杯500円)。

  • はてなブックマークに追加