天気予報

31

20

みん経トピックス

横浜・正覚寺のハナショウブ港北東急に託児付きオフィス

県立四季の森公園のハナショウブが開花 ホタル観賞とともに楽しめる

県立四季の森公園のハナショウブが開花 ホタル観賞とともに楽しめる

見頃を迎えたハナショウブ

写真を拡大 地図を拡大

 県立四季の森公園内しょうぶ田で現在、ハナショウブが見頃を迎えた。

 JR中山駅近くにある同公園は、自然の丘陵と谷戸(小さな谷)など里山の風景を楽しむことができる都市公園。約45ヘクタールの敷地内では、四季折々多くの花や生き物を観察することができる。

 毎年5月下旬から7月にかけては、約4500株のハナショウブが花を咲かせる同園。現在多くのハナショウブが開花しており、見頃を迎えた。しょうぶ田には通路が設けられているので、咲き誇るハナショウブの中を歩いて観察することもできる。

 この時期はホタルの観賞もできる同園。6月9日~17日の期間は「ホタルの夕べ」と題して、公園入口をちょうちんで照らすほか、同園駐車場を20時50分まで開放する。夕方からは、ハナショウブとホタルを同時に楽しむこともできる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜・港北を中心にタクシー・ハイヤーサービスを展開している三和交通(横浜市港北区鳥山町)が6月11日、乗務社員が各スタイルで「おもてなし」をするサービス「忍者でタクシー」と「SP風TAXI」の提供を始めた。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング