暮らす・働く

港北東急SCに託児機能付きオフィス「ママスクエア」オープン 横浜市内初

オフィスの隣にキッズスペースを設けた

オフィスの隣にキッズスペースを設けた

  •  

 港北TOKYU S.C.(横浜市都筑区茅ケ崎中央5)A館6階に5月22日、託児機能付きオフィス「ママスクエア港北東急SC店」がオープンした。

 運営は全国20カ所で託児機能付きオフィスを展開するママスクエア(東京都港区)。同社は昨年11月、横浜市と子育てなどで仕事継続が難しい女性に向けて、キャリアアップや働き方を支援する「女性の活躍推進」に関する連携協定を締結している。同オフィスは横浜市内初のオープンとなった。

[広告]

 約150平方メートルのオフィス内にはワークスペースとキッズスペースを用意。子どもは常駐するキッズスタッフが預かり、ワークスペースからはガラス越しに子どもの様子を見ることができる。

 ワークスペースでは、最大30人のスタッフが働くことが可能。仕事内容は、スーパーバイザー業務やオペレーター業務、データ入力作業などデスクワークが中心で、オープン時には約10人の子育て女性が勤務をスタートさせた。

 今後は受注業務を増やし、スタッフの経験に合わせて、幅広い業務に対応。地域企業からの受注など、業務開拓も行っていく。