暮らす・働く

外遊びやケロポンズコンサートも こどもみらいフェスティバル、センター北と南で開催へ

竹の遊具で遊べる出張プレイパークや竹を使ったワークショップも

竹の遊具で遊べる出張プレイパークや竹を使ったワークショップも

  • 0

  •  

 横浜市営地下鉄センター北駅(横浜市都筑区中川中央1)とセンター南駅(茅ケ崎中央1)周辺で6月11日から、「こどもみらいフェスティバル」が開催される。

 地域のプレイパークや保育関連団体、野外フェスティバルのキッズコーナーを運営するチームが実行委員会を組織して開催する同イベント。「子どもが主役の子育て」「もっと自由に外遊び」をコンセプトに、出張プレイパークや親子ワークショップ、コンサート、映画上映などさまざまなプログラムを用意する。

[広告]

 センター北駅前芝生広場では11日・12日、 竹の遊具で遊べる出張プレイパークや竹を使ったワークショップ、「都筑まもるくん焼き」などの軽食や子どもたちによる駄菓子店もある「こどもみらいカフェ」を開催(11日=11時~18時、12日=10時~15時)。駅前ビルのあいたい内では、親子向けのワークショップ(11日・12日両日とも11時~17時)、シンガー・ソングライターの荒巻シャケさんによるあそびうたライブ(12日のみ、11時~・16時~の2回)も行われる。

 都筑公会堂(茅ケ崎中央3)では同17日、子どもの居場所作りに取り組む大阪の小学校を追ったドキュメンタリー映画「みんなの学校」を上映(1回目=10時30分~、2回目=18時30分~)。18日は一軒家を利用した幼児園「りんごの木」(都筑区)の柴田愛子代表による講演会(10時30分~12時30分)、子供向けの音楽や体操をつくる「ケロポンズ」によるコンサート(14時30分~16時15分)を予定する。

 こどもみらいフェスティバル実行委員会の石飛智紹委員長は「センター北と南で2週にわたって開催する当イベント。外遊びの魅力がたっぷり展開される1週目に始まり、コンサート・講演会・教育ドキュメンタリー映画と子育ち、を実感できる2週目へと続く。盛りだくさんの内容なので、みなさんにぜひ遊びにいらしていただけたら」と話す。

 17日・18日の映画上映会・コンサートは有料。