食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

子どもに食への関心もってほしい 都筑の新鮮野菜を味わいながら親子で食育

子どもに食の大切さを紹介する。写真はイメージ

子どもに食の大切さを紹介する。写真はイメージ

  •  

 総合住宅展示場「ハウスクエア横浜」内にあるコミュニティーカフェ「Shairly・cafe」(シェアリーカフェ、横浜市都筑区中川1、TEL 045-530-3990)で8月29日、都筑のとれたて野菜を使った親子食育教室が開催される。主催は都筑区内で健康づくりを普及するためのボランティア活動を行っている「都筑ヘルスメイト」。

 横浜・都筑でまちづくり活動を展開するNPO法人I Love つづきが2013年にオープンした同カフェ。オープン以来、野菜などの食べ物に関するワークショップを地域の商店や活動団体らと協力しながら展開してきた。

[広告]

 今回は小学校低学年の子どもとその親を対象に食育教室を開催。都筑の野菜を使ったスープやデコレーションしたおにぎりなどを試食しながら、普段の食事に含まれている塩分の量や野菜についてのレクチャーも受ける。

 同店の中聡美店長は「都筑区は農地も多く、いろいろな野菜が作られている。そうした新鮮な食材を楽しみながら、そこに含まれている栄養などを親子で学んでもらって、お子さんには食の大切さを感じてもらいたい」と話す。

 開催時間は10時30分~13時30分。参加費は親子で1,000円(試食付き、子どもは3人まで。4人目からは1人200円)。要予約。