天気予報

31

24

みん経トピックス

横浜仲町台で極厚ミートパイ横浜・日吉に民間学童保育

恒例の大倉山観梅会開催へ 公園周辺では屋台など華やかに

恒例の大倉山観梅会開催へ 公園周辺では屋台など華やかに

咲き始めた園内の梅

写真を拡大 地図を拡大

 大倉山公園(横浜市港北区大倉山2)内の梅林で2月27日・28日、「大倉山観梅会」が開かれる。

 約1万平方メートルの敷地内に、32種類約200本の梅が植えられている同梅林。花びらがとがっている剣弁と丸い丸弁が一本の木で咲く「書屋の蝶」や、一つの枝に淡い紅と白の花が咲き乱れる「思いのまま」、中国伝来の緑がかった花が咲く「緑萼梅(りょくがくばい)」など珍しい品種を鑑賞できる。

 毎年2月下旬から3月にかけて満開を迎え、同園では見頃に観梅会を開催。園内では三曲演奏や日本舞踊、野だてなどのイベントも開催されるほか、周辺では出店も並び、多くの来場者でにぎわう。

 今年は開花が早く、観梅会では色鮮やかな梅が見られる予定。開催時間は10時~16時。入場無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

高知県産の食材や物産を扱う「おとりよせショップこうちや」(横浜市都筑区茅ケ崎中央、TEL 045-482-5537)では土用丑の日を前に、「四万十うなぎ」の販売が好調となっている。生産が追いつかず、入荷が確約できないが、代わりにかつおだしのところてんをおすすめしている。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング