3密を避けて新しい生活様式へ!

よこはま動物園ズーラシアが開園13周年-開園日は入園無料

ズーラシアが国内で初めて一般公開した世界三大珍獣の一つ「オカピ」

ズーラシアが国内で初めて一般公開した世界三大珍獣の一つ「オカピ」

  •  
  •  

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区上白根町、TEL 045-959-1000)は4月24日、開園13周年を迎える。

 同園は「生命の共生・自然との調和」をメーンテーマに1999年に第1次開園。その後もエリアは広がり、2003年にアフリカの熱帯雨林ゾーンの一部、2006年には自然体験林「わんぱくの森」、2009年に「チンパンジーの森」がそれぞれオープンした。今後公開予定の「アフリカサバンナゾーン」の整備も始まっている。

[広告]

 今年の開園記念日(4月24日)は火曜日で、通常は休園日だが臨時開園。入園料が無料となり、同園のマスコットキャラクター「ズーラシアンブラス」のコンサートが開催される。

 同園広報担当の牧野千会さんは「おかげさまで開園13周年を迎えることができた。これからも応援をお願いします」と話す。

 開園時間は9時30分~16時30分。入園料は、大人(18歳以上)=600円、中人(高校生)=300円、小人(小・中学生)=200円、小学生未満無料(4月24日は入園無料)。