横浜で「彼女を守る51の方法」著者が防災セミナー開催へ

約4000冊の本が並ぶライブラリーでセミナーを行う

約4000冊の本が並ぶライブラリーでセミナーを行う

  •  
  •  

 ハウスクエア横浜(横浜市都筑区中川1、TEL 045-912-7473)内住まいの情報館3階ライブラリーで3月15日、防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実さんによるセミナーイベントが開催される。

 約80坪の広さに約4000冊の住宅や建築、インテリア関連の雑誌・書籍を有する同ライブラリー。2009年から毎年、建築本などの著者を招き、各種セミナーを展開している。

[広告]

 今回は東日本大震災発生から1年を機に「著者が語る、建築本の楽しみ方-サバイバル住宅編-第4回 彼女を守るための51の方法」と題して「彼女を守る51の方法-都会で地震が起こった日」(マイクロマガジン社)の著者としても知られる渡辺さんを招いた。

 当日は自身の本や震災に強い街の紹介、防災・危機管理の心構えなどを少人数ゼミ形式で展開する。

 営業企画部の杉浦允人さんは「東日本大震災から1年が過ぎ、首都圏での地震発生率が高まっている昨今。本当に地震が起きたとき、どのように自分と自分の大事な人を守るのかを解説していただく。この機会にぜひご参加いただけたら」と話す。

 開催時間は13時30分~15時。参加無料(要予約)。

  • はてなブックマークに追加