見る・遊ぶ 暮らす・働く

運行理由は「かっこいいから」 三和交通が「フェンサータクシー」

フェンサーがおもてなし

フェンサーがおもてなし

  • 8

  •  

 フェンサー(フェンシング選手)スタイルの乗務員が迎車する新サービス「フェンサータクシー」の運行を4月19日、横浜・港北を中心にタクシー・ハイヤーサービスを展開している三和交通(横浜市港北区鳥山町)が始めた。

 「心霊スポット巡礼ツアー」や忍者の装いで迎車する「忍者でタクシー」など、ユニークなサービスを展開してきた同社。今回は乗務員がフェンサーに扮(ふん)してタクシーサービスを提供する。

[広告]

 オリンピック競技でもあるフェンシングを数ある競技の中から選んだのは、「ユニホームがなんかかっこいい」(同社統括本部広報課の小澤千秋さん)という理由から。携帯する本物のフルーレ(剣)は剣先が無いほか、運転中はユニホームのマスクを外すなど安全には配慮した。

 小澤さんは「長く温めてきた企画。オリンピック開催の有無にかかわらず、勝手に応援というスタンスで、このタイミングでリリースした。これまでの忍者でタクシーほどの『映え』は保証しないが、SNSのネタや思い出として、ちょっと変わったタクシーを利用いただけたら」と話す。

 稼働エリアは横浜。料金は運賃と別途指定料金5,500円。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース