見る・遊ぶ

港北区内7寺社で横浜七福神の御開帳 

港北区内の各寺社で七福神が祭られている。写真は恵比寿大神を祭る西方寺

港北区内の各寺社で七福神が祭られている。写真は恵比寿大神を祭る西方寺

  • 6

  •  

 「横浜七福神」が祭られている港北区内7つの寺社で現在、各祭神を御開帳している。

 七福神信仰は室町時代後期に成立したといわれ、寺の宗派や本尊、神社の祭神などには関係なくさまざまな寺社に祭られている。港北区では1965(昭和40)年に港北七福神会が結成され、翌年正月から七福神の初参りができるようになった。

[広告]

 各寺社は、恵比寿大神を祭る西方寺(新羽町)、弁財天を祭る妙蓮寺境外社(横浜市港北区菊名1)、毘沙門天を祭る蓮勝寺(菊名5)、大黒天を祭る正覚院(大豆戸町)、布袋尊を祭る東照寺(綱島西1)、福禄寿神を祭る興禅寺(高田町)、寿老神を祭る金蔵寺(日吉本町2)。普段は観覧できない御祭神を拝むことができる。

 今年は開帳や御朱印受け付け時間を9時~16時に短縮。御開帳は1月7日まで。