食べる

つぼやきいも今年の販売始まる センター南の住宅街で

直売所では5月まで、つぼやきの安納芋が買える

直売所では5月まで、つぼやきの安納芋が買える

  •  
  •  

 種子島産の安納芋を使った「つぼやきいも」の今年の販売が10月から、横浜市営地下鉄センター南駅近くの住宅街にある「地湧庵農園横浜営業所」(横浜市都筑区茅ケ崎東3、TEL 045-942-0197)で始まった。

 長年横浜市内の教員を務めた河東大詔さんが退職後、約10年前に自宅前で始めた同営業所。毎年10月~5月の期間、生まれ故郷の種子島で収穫した安納芋を「つぼやきいも」にして販売している。

[広告]

 つぼの中でゆっくりと焼く安納芋は、スイートポテトのような甘味と食感があり、ファンも多い。今年からは地域のイベントなどでも出張販売を始めているほか、大量注文や箱単位の生芋販売にも対応している。

 河東さんは「今年もおいしい安納芋が届いた。最近は定期購入や、カフェなどの店舗での販売相談も受けている。これからもこのおいしさを多くの人に知ってほしい」と話す。

 営業時間は11時~19時30分。販売価格はつぼやきいも=100グラム150円、生芋=1キロ500円。

  • はてなブックマークに追加