食べる

モンスーンカフェ、紫芋や抹茶使った秋季限定の「ハロハロ」 

期間限定商品の「ハロハロ」2種類

期間限定商品の「ハロハロ」2種類

  •  
  •  

 秋季限定スイーツドリンク「ハロハロ」2種の販売が10月21日、モンスーンカフェたまプラーザ(横浜市青葉区美しが丘5)で始まる。

 「モンスーンカフェ」は関東圏を中心に10店舗を展開するアジア料理店。ヘルシーエスニックをテーマに、タイ・ベトナム・インドネシア・中国など各国の料理を提供している。

[広告]

 モンスーンカフェたまプラーザは、地域のアジア料理店では最大規模の店舗。アジアンリゾートをイメージさせる装飾が施された店内には413席を用意する。

 提供するのは、揚げて砂糖を絡めた紫芋と紫芋ペーストを使ったハロハロ「紫芋」と焦がしマシュマロ・タピオカを入れた「抹茶マシュマロ」の2種。価格はそれぞれ880円(税別)。

 あわせて同日からボバ(タピオカドリンク)の新商品「キャラメル豆乳バナナ」も販売開始。豆乳、甘酒にバナナをトッピングし、アクセントにキャラメルソースを加える。価格は680円(税別)。

 営業時間は11時~24時。

  • はてなブックマークに追加