暮らす・働く

「羽沢横浜国大駅」で相鉄とJRのレールつながる 開業は11月30日を予定

レール締結式では走り初めも行われた

レール締結式では走り初めも行われた

  •  
  •  

 今年開業予定の新駅「羽沢横浜国大駅」で3月28日、相鉄線とJR線のレール締結式が行われた。

「羽沢横浜国大駅」の駅舎

 同駅は現在進められている神奈川東部方面線事業で、11月30日に開業予定の相鉄・JR直通線の新駅。JR東海道貨物線「横浜羽沢駅(貨物駅)」近くに整備中で、相鉄線「西谷駅」から同駅までの約2.7キロの連絡線と貨物線を利用してJR横須賀線とつながる。

[広告]

 駅舎は相鉄グループが取り組む「デザインブランドアッププロジェクト」に基づいて、レンガ・ガラス・鉄をキーマテリアルに、古びないデザインを目指した。地上階に改札口1カ所、地下階に相対式2面2線のホームを設置する。

 レール締結式で相模鉄道(横浜市西区)の滝澤秀之社長は「この相互直通線は、物理的にレールがつながっただけではなく、都内と相鉄沿線の生活をつなげる懸け橋となる」と話した。新しくつながったレールの上では、作業車両による走り初めも行われた。

 2022年度下期には同駅から新横浜駅を経由して、東急東横線・目黒線日吉駅までをつなぐ「相鉄・東急直通線」も運転開始予定。

  • はてなブックマークに追加