食べる

ラー博に博多・薬院「八ちゃんラーメン」 25年かけて口説いた博多ラーメン

超濃厚スープの看板メニュー「ラーメン」

超濃厚スープの看板メニュー「ラーメン」

  •  
  •  

 新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区新横浜2)内に3月6日、博多ラーメン店「八ちゃんラーメン」がオープンする。

 1968(昭和43)年に創業した博多・薬院にある「八ちゃんラーメン」は21時~翌2時30分のみの営業時間に関わらず、連日多くの人が訪れる人気店。県外から足を運ぶ客も多い。

[広告]

 同館では1994年の開館の1年前に出店交渉をしたが、初代店主の「支店は出さない」という強い信念のため断られたという。以来25年間、徐々に関係を築きながら、2014年からは2代目店主の橋本進一郎さんと交渉を重ねて、ようやく出店が決まった。

 看板メニューは、大量の豚骨を高火力で長時間かき混ぜながら煮だした超濃厚スープが特徴の「ラーメン」。平打ちの極細麺を使い、青ネギとチャーシューをトッピングする。価格は750円。

 同館広報担当の宇野和寿さんは「当館は3月6日に開館25周年を迎える。記念すべき節目の日に25年交渉し続けてきた店がオープンする。超濃厚な豚骨ラーメンで知られている店で、すでに多くの反響をいただいている。多くの方にご来館いただけたら」と話す。

 開館時間は日によって異なる。入場料は、中学生以上=310円、小学生・シニア(60歳以上)=100円、小学生未満無料。

  • はてなブックマークに追加