食べる

安納芋のつぼ焼き、今年もセンター南の住宅街に登場 

5月まで直売所で安納芋が買える

5月まで直売所で安納芋が買える

  •  

 種子島産安納芋を使った「つぼ焼き芋」の今年の販売が、横浜市営地下鉄センター南駅近くの住宅街にある「地湧庵農園横浜営業所」(横浜市都筑区茅ケ崎東3、TEL 045-942-0197)で始まった。

 長年横浜市内の教員を務めた河東大詔さんが、退職後に自宅前で始めた同営業所。毎年10月~5月の期間、生まれ故郷の種子島で作られた安納芋(生芋)を直売するほか、つぼ焼きした安納芋を販売している。

[広告]

 つぼの中でゆっくりと焼かれた安納芋は、スイートポテトのような甘味と食感があり、ファンも多い。生芋も箱買い予約の問い合わせがあるという。

 河東さんは「今年は台風のおかげで、海水がよく土に溶け込み、ミネラル豊富な土壌となった。安納芋は豊作で、今年はいつもよりおいしい」と話す。

 開店時間は日中。つぼ焼き芋=100グラム150円、生芋=1キロ500円。