学ぶ・知る

日本野鳥の会主席研究員が講師 港北区で野鳥と散歩楽しむコツ紹介する講演会

区内ではさまざまな野鳥を観察することができる

区内ではさまざまな野鳥を観察することができる

  •  

 障害者スポーツ文化センター横浜ラポール(横浜市港北区鳥山町)で8月5日、日本野鳥の会主席研究員による講演会「野鳥さがしに散歩へいこう」が開催される。

 ウオーキングの楽しさを紹介するために、写真や植物観察の専門家による解説を聴きながらまちを歩く「港北区とくとくウォーク」の一環で開催される同イベント。今回は港北区内の魅力やまち歩きの楽しみ方を学ぶ機会として講演会が企画された。

[広告]

 当日は、公益財団法人日本野鳥の会の主席研究員の安西英明さんを講師に迎える。講演では、カワセミやキンクロハジロなどの生き物をはじめとした、港北区内で見られる野鳥の種類や特性について学ぶ。

 主催する港北区役所地域振興課の佐藤成美さんは「野鳥のちょっとした知識を得ることで、身近な場所で息づいている野鳥の様子に気づくことができる。夏休みの自由研究にも活用できる内容となっているので、親子でご参加いただけたら」と話す。

 講演時間は10時~11時30分。参加無料(要申込み)。申込みは7月23日まで。