天気予報

28

21

みん経トピックス

新横浜公園でいきもの観察会横浜・小机で城巡るツアー

東京都市大が個人の感性に即した楽曲生成するAI 学祭で新曲披露へ

東京都市大が個人の感性に即した楽曲生成するAI 学祭で新曲披露へ

ワライナキとの作曲作業の様子

写真を拡大 地図を拡大

 東京都市大学メディア情報学部(横浜市都筑区牛久保西3)のAIを研究する大谷研究室は現在、個人の思い出の曲を元に、AIを使って新たな楽曲を生成するプロジェクト進めている。

 同大の大谷紀子教授の研究室は、大阪大学産業科学研究所沼尾研究室と共同で、人工知能技術を活用した自動作曲システムを開発してきた。昨年は同システムとフォークデュオ「ワライナキ」が共同で、「赤い羽根共同募金」の応援ソング「akaihane(赤い羽根)」を制作した。

 今年はAIに、既存楽曲から特定の感情を想起させる共通の特徴を抽出させ、個人の感性に即した楽曲を生成させるプロジェクトを進行中。現在はこのプロジェクトの参加者を募集している(締め切りは5月27日17時)。

 創作された楽曲は、6月11日開催の「東京都市大学横浜祭」内でアーティストによる演奏で披露される。当日はAIとワライナキのコラボによって制作された楽曲に歌詞をつける作詞コンテストも予定。現在ウェブページ上で楽曲を聴くことができ、歌詞を募集している(締め切りは同)。

 大谷教授は「現在、人工知能やAIという単語を聞かない日はないほどAIがブームになっているが、一般の方々には最先端のAI技術に触れる機会は少ないのではないか。作詞コンテストや思い出曲創作イベントへの応募やご来場で、AI技術を体験いただきたい」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

新横浜プリンスホテル(横浜市港北区新横浜3)41階「トップオブヨコハマ鉄板焼&ダイニング」で9月21日・22日、フランス料理の栄誉称号を受章した松本修一シェフと関戸謙次シェフによる特別ディナーが提供される。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング