都筑の子どもたちと図書館の大人がガチンコ勝負 本の書評合戦で

ビブリオバトルの練習をする子どもたち

ビブリオバトルの練習をする子どもたち

  •  
  •  

 東京都市大学横浜キャンパス(横浜市都筑区牛久保西3)で8月18日、都筑区内の子どもたちと都筑図書館司書らが対決する書評合戦「ミニビブリオバトル」が開催される。

 ビブリオバトルとは、バトラー(発表者)が5分の制限時間でおすすめ本をプレゼンし、観客の投票で一番読みたくなった本「チャンプ本」を決める書評合戦イベント。本を介したコミュニケーションの場として注目を集めており、横浜では有隣堂の店舗や、古民家、コミュニティースペースなどさまざまな場所で開催されている。

[広告]

 今回は地域の企業やイベントを子ども目線で取材し、ウェブサイトでニュースとして配信している「つづきジュニア編集局」のジュニア記者(小学4年生~高校生までの都筑区内の子どもが中心)と都筑図書館司書や図書館活動の支援団体「つづき図書館ファン倶楽部」の大人が、ガチンコで勝負する。このイベントは、小学生の発表者もいることから制限時間を3分とし、「ミニビブリオバトル」として開催される。

 「ミニビブリオバトル」のテーマは「仕事」。当日は子ども6人、大人3人がバトラーとして出場し、「仕事」に関するさまざまな本を紹介する。

 開催は同キャンパス4号館2階カフェで、時間は13時30分~15時30分。観覧無料。

  • はてなブックマークに追加