食べる

新横ラー博全店舗で「夏ラーメン」-酸味と辛味テーマに

かもめ食堂の夏ラーメン「冷し酸辣麺」

かもめ食堂の夏ラーメン「冷し酸辣麺」

  • 0

  •  

 新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区新横浜2)内全店舗で6月11日から、「酸味」と「辛味」をテーマにした「猛暑を乗り切る!夏ラーメン」を各種展開する。

 気象庁によると今年の夏は80パーセントの確率で昨年より暑くなると発表したことから今回の企画を展開。エネルギー代謝を促進し食欲増進する働きがあると言われている「酸味」と胃液を分泌させて食欲増進させると言われている「辛味」をテーマにした。各店舗の新メニューや既存のメニューのなかでテーマにあったメニューを「夏ラーメン」として注目させる。

[広告]

 メニューは、「味噌キムチラーメン」(1,000円、すみれ)、「冷やし麺 レモン風味」(1,000円、支那そばや)、「ざる中華」(900円、支那そばや)、「げんこつ-SHOGA-」(950円、二代目げんこつ屋)、「赤湯からみそラーメン」(850円、龍上海本店)、「つけ麺・味噌」(900円、龍上海本店)、「辛つけめん」(950円、頑者)、「鶏白湯 夏つけ」(950円、麺の坊 砦)、「バックドラフト」(850円、IKEMEN HOLLYWOOD)、「スパイダーメン」(850円、IKEMEN HOLLYWOOD)、「冷し酸辣麺」(880円、かもめ食堂)、「冷麺」(850円、こむらさき)。

 同館広報の瀧上正樹さんは「猛暑を『酸味』と『辛味』で乗り切っていただけたら。全店舗制覇してほしい」と話す。

 入場料は、中学生以上=300円、小学生・シニア(60歳以上)=100円、小学生未満無料。営業時間は日によって異なる。