オカピにハートのリースをプレゼント-動物たちにバレンタイン

ハート型のリースを食べるオカピ

ハート型のリースを食べるオカピ

  •  

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区上白根町、TEL 045-959-1000)で2月9日、「ハッピーバレンタイン ズーラシア」と題してオカピにハート型のリースがプレゼントされた。

骨付きチキンを待つホッキョクグマ

 動物たちへのバレンタインプレゼントとして特別な餌を贈った同イベント。今回は9日~11日の3日間にわたり、インドゾウ・ウンピョウ・ホッキョクグマ・アカカンガルー・チンパンジー・オカピにイチゴのケーキや馬肉、骨付きチキンなど、それぞれの動物が好みの餌をバレンタイン装飾を施して贈られた。

[広告]

 9日には世界三大珍獣の一つ「オカピ」に直径60センチのハート型リースをプレゼント。クズのツタと木の葉(トウネズ・ビワ)で作られたバレンタインプレゼントを夢中になって食べていた。

 同園広報担当の降籏美樹さんは「オカピはおいしそうに食べる愛らしい顔、ホッキョクグマは骨付きチキンに豪快に飛び込む姿を見せてくれた。飼育係の愛が詰まった餌を特別な味に感じたのでは」と話す。