3密を避けて新しい生活様式へ!

ズーラシア、ホッキョクグマのカップルを一般公開へ

バリーバ(写真左)とジャンブイ(写真右)。ジャンブイは鼻の上にV字の傷がある

バリーバ(写真左)とジャンブイ(写真右)。ジャンブイは鼻の上にV字の傷がある

  •  
  •  

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区上白根町)で2月11日、雌のホッキョクグマ「バリーバ」と雄の「ジャンブイ」の2頭が揃って一般公開される。

 バリーバ(21歳)は、日本動物園水族館協会が推進している「ホッキョクグマ繁殖プロジェクト」の一環で、昨年11月に愛媛県立とべ動物園(愛媛県伊予郡)から来園したホッキョクグマ。 同園のジャンブイ(19歳)との繁殖活動が期待されている。

[広告]

 1月からはそれぞれ1頭ずつ公開されてきたが、2頭揃って一般公開するのは今回が初めて。来園時から柵越しにお見合いを続けてきたが、昨年末から普段はみられない声を発するなどお互い意識をするようになったことから公開にいたった。

 開園時間は9時30分~16時30分。火曜休園。入園料は、大人=600円、中人(高校生)=300円、小人(小・中学生)=200円。