見る・遊ぶ

横浜ビー・コルセアーズの勝利で「WINラベルビール」 10周年企画で横浜ビールと連携

横浜ビー・コルセアーズと横浜ビールが連携して「WINラベルビール」を作る(写真提供=横浜ビー・コルセアーズ)

横浜ビー・コルセアーズと横浜ビールが連携して「WINラベルビール」を作る(写真提供=横浜ビー・コルセアーズ)

  • 5

  •  

 男子バスケ・Bリーグの横浜ビー・コルセアーズは、クラブスポンサーの横浜ビールと連携して、ゲームに勝利する度に勝利を記念した「WINラベルビール」を制作する。

横浜ビー・コルセアーズが勝利すれば「WINラベルビール」

 「海賊たち・海賊船団」という意味を込めた横浜ビー・コルセアーズ。ホームゲームの多くを横浜国際プール(横浜市都筑区北山田7)で行ってきた。2011-12シーズンよりbjリーグに参入し、翌2012-13シーズンでは見事にリーグ優勝を飾っている。その後Bリーグの誕生とともに新リーグに参加。2020年秋に開幕した2020-21シーズンで10回目の航海を始めている。

[広告]

 これを記念して「横浜ビー・コルセアーズ10周年特別企画」として実施するのが「WINラベルビール」。勝利したゲームで活躍した選手(MVP)や、最も印象に残るプレーをした選手(MIP)をピックアップして、スタッツ(選手の個人成績結果)やゲームスコア(試合結果)を記載した特別ラベルを制作する。

 「WINラベルビール」はホームゲーム会場に展示し、来場者が勝利数や勝利した試合で活躍した選手、スタッツなどを振り返ることができる。ビールは展示用の非売品。横浜ビール直営店の「驛の食卓」(横浜市中区)1F YokohamaBeer Standでも展示する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース