見る・遊ぶ 学ぶ・知る

一般社団法人F・マリノススポーツクラブ発足 スポーツで地域課題解決目指す

11月25日に行われた設立発表の様子

11月25日に行われた設立発表の様子

  • 2

  •  

 スポーツによる社会貢献と「世界で活躍する選手の育成」を目指す「一般社団法人F・マリノススポーツクラブ」が11月2日に発足した。

 Jリーグクラブチーム「横浜F・マリノス」の運営やスポーツを通した社会連携活動などを展開してきた横浜マリノス(横浜市港北区新横浜2)。地域課題が複雑化する中、スポーツによる地域課題解決を「深化」するため新社団法人を設立した。

[広告]

 これまでマリノスではホームタウン(横浜市・横須賀市・大和市)で、スクールやアカデミー事業などでサッカーを中心に地域や子どもたちに「夢と未来の創造」を提供してきた。今後はこの機能を新社団法人が担うほか、総合型地域スポーツクラブとして、サッカーを中心にした多種目のスポーツスクール運営、障がい者スポーツや市民の健康増進を推進する。

 11月25日には日産スタジアム(港北区小机町)で設立発表が行われ、横浜マリノスの黒澤良二社長、宮本功代表理事、新社団法人の活動を共にする、知的障がい者サッカーチーム「横浜F・マリノスフトゥーロ」のキャプテン小林佑平選手、電動車椅子サッカーYokohamaCrackersの野田拓郎さん、栗原勇蔵クラブシップ・キャプテン、パートナー企業らが登壇した。

 宮本功代表理事は「サッカーをはじめとしたスポーツで地域の方と接点を持っていく。課題解決型のスポーツビジネスモデルを作り、スクールなどのコア事業と相乗効果のある地域スポーツ施設の運営や地域拠点を軸とした新たなファンづくりをしていく」と話す。

 事業開始は2021年2月1日。