学ぶ・知る

大倉山の子ども向けバレエ教室が5周年 2回目の単独公演も

当日の舞台の様子

当日の舞台の様子

  •  
  •  

 東急東横線大倉山駅近くのバレエ教室「アキバレエスタジオ大倉山校」(横浜市港北区大倉山1)が6月29日、単独公演を港北公会堂(大豆戸町)で行った。

 カルチャースクールやイベント企画などを展開するスタートクリエーション(川崎市)が運営する同校。川崎市・溝ノ口を中心にバレエ教室を展開している「アキバレエスタジオ」の分校として2014年に開校し、今年5周年を迎える。「高価な習い事」というイメージを払拭(ふっしょく)し、誰でも気軽にバレエを体験してほしいという思いから、一般のバレエ教室に比べてリーズナブルに受講料を設定している。

[広告]

 当初は幼児・児童向けクラスのみだったが、現在は小学生~高校生を対象にしたクラスも設定し、約50人の生徒を抱える。音響設備を備えた100平方メートル以上の2面鏡張りアクティングエリアでは、日々子どもたちがレッスンに励んできた。

 これまで他校の生徒との合同での発表会は重ねてきたが、昨年初の単独公演を成功させた。2回目の単独公演となった今回は、「ルロイアンダーソン組曲」「ドンキホーテ夢の場」の演目を生徒・講師らが披露。本格的な舞台演出、照明、音響のなか、生徒は普段のレッスンの成果を出し切った。

  • はてなブックマークに追加