見る・遊ぶ

こどもの国で「秋のフォトコンテスト」 ケヤキやイチョウも紅葉の見頃

昨年のグランプリ作品

昨年のグランプリ作品

  •  

 秋の風景をテーマにした「秋のフォトコンテスト」が現在、こどもの国(横浜市青葉区奈良町、TEL 045-961-2111)で開催されている。

現在のこどもの国の紅葉

 多摩丘陵の約100ヘクタールの敷地に広がるこどもの国。古くからの自然環境をそのまま遊び場として整備しており、秋には紅葉のなか外遊びができる。

[広告]

 フォトコンテストでは園内で撮影された写真を募集する。テーマは「秋の風景」と「家族・友人・グループが一緒に写った写真」。入賞作品には副賞としてコンパクトカメラやこどもの国招待券、各種後援企業からの商品などを贈呈する。応募は1人1回3作品まで。締め切りは12月9日。

 今年は横浜市内の紅葉スポットでは、夏の台風による塩害で、影響が出ている場所も多い。同園の三ツ井洋平さんは「心配があった被害は限定的で、例年通りケヤキやイチョウ、トウカエデが色づきはじめ、これから見頃を迎える」と話す。

 開園時間は9時30分~16時30分。入園料は、大人=600円、小中学生=200円、幼児=100円。