食べる

新横ラー博と映画クレヨンしんちゃんがコラボ 7種類のブラックパンダラーメン限定提供

写真は龍上海本店が提供する「ブラックパンダラーメン」。店によって内容が変わる

写真は龍上海本店が提供する「ブラックパンダラーメン」。店によって内容が変わる

  •  

 新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区新横浜2 TEL 045-471-0503)内各店舗が4月13日、映画クレヨンしんちゃんとコラボした特別コラボ商品「ブラックパンダラーメン」の提供を始めた。

利尻らーめん味楽提供の「ブラックパンダラーメン」

 「昭和33年の下町」を再現した空間の中に全国のラーメン店(時期ごとに入れ替わる)が出店する同館。館内にはラーメン店のほか、駄菓子店やスナックなどもあり、昭和の雰囲気を盛り上げている。

[広告]

 今回は、同館が3月に開館24年を迎えたことから、これを記念して、4月13日全国公開の「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~」とコラボレーションした。

 館内各店舗では同日から、劇中に登場する「ブラックパンダラーメン」(春日部にある中華街「アイヤータウン」で流行中のラーメンという設定)を再現。参加するのは、龍上海本店、利尻らーめん味楽、無垢ツヴァイテ、琉球新麺通堂、こむらさき、支那そばや、二代目げんこつ屋の7店舗で、「ブラック」と「ヤミツキ」をテーマに、それぞれの特徴を生かした「ブラックパンダラーメン」を完成させた。

 提供は5月13日まで。価格は650~700円。オリジナルのブラック丼で提供される。

 入場料は中学生以上=310円、小学生・シニア(60歳以上)=100円、小学生未満は無料。営業時間は日によって異なる。