見る・遊ぶ 学ぶ・知る

横浜ビー・コルセアーズの試合に巨大フラワーアート 緑化フェアにあわせて手作り

12人の選手の似顔絵がフラワーアートで制作された

12人の選手の似顔絵がフラワーアートで制作された

  •  
  •  

 横浜国際プール(横浜市都筑区北山田7)で2月4日・5日に開催されたプロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」の試合に、巨大フラワーアートが登場した。

ビーコルを応援するブースターらが制作した

 3月から市内各所で開催される花と緑のイベント「第33回全国都市緑化よこはまフェア」にあわせて登場したこのフラワーアート。ホームゲームとして開催された4日の「千葉ジェッツ」戦前の午前中から、地元小学生とブースター(ビーコルの応援者)ら約100人が、約5時間かけて制作した。

[広告]

 完成したのはチームの選手12人の似顔絵やビーコルエンブレムに加えて、都筑区のシンボルマーク、同フェアキャラクターのガーデンベア。約1万5000本のカーネーションとカラーサンドで作られたフラワーアートは、両日のホームゲーム前に一般公開された。

  • はてなブックマークに追加