セン北でアフリカヘリテイジフェス アフリカの文化を体験

アフリカヘリテイジバンドの生演奏も披露

アフリカヘリテイジバンドの生演奏も披露

  •  
  •  

 横浜市営地下鉄センター北駅前芝生広場(横浜市都筑区中川1)で5月3日~5日「都筑区・エコ・アフリカヘリテイジフェスティバル2016」が開催される。

 主催するアフリカヘリテイジコミティーは、2009年に設立された非営利活動団体。「アフリカヘリテイジ」には「アフリカの財産、受け継がれてきたもの」という意味があり、伝統文化や歴史を次の世代を担う子どもたちに伝えていく活動を展開してきた。アフリカの孤児・貧困などにより学びたくても学ぶことができない子どもたちのための養護施設を兼ね備えた学校の建設を目指す「学校をつくろうプロジェクト」にも取り組む。

[広告]

 イベントでは、アフリカンミュージックやダンス、ジャンベ(アフリカの太鼓)の生演奏などのライブステージのほか、伝統衣装・布の巻き方体験、アフリカ現代アート「ティンガティンガ」体験、料理教室などの体験型のイベントも用意。会場内にはアフリカ雑貨・民芸品などのバザール、世界各国の料理が味わえるフードコートなども出店する。

 当日開催されるチャリティーワークショップやオークションの収益は、必要経費を除き、「学校をつくろうプロジェクト」の運営費、日本の養護施設の子どもらや東日本大震災被災地の子どもたちの支援に使われる。

 同団体代表のトニー・ジャスティスさんは「このフェスティバルを通してアフリカの文化、その魅力を伝え広めたい。多くの方にアフリカに興味をもっていただけたら」と話す。

 開催時間10時~21時(最終日は17時30分まで)雨天決行。入場料無料。

  • はてなブックマークに追加