学ぶ・知る

メスだけど「ツヨシ」 北海道からズーラシアにホッキョクグマ来園

来園したメスのホッキョクグマ「ツヨシ」

来園したメスのホッキョクグマ「ツヨシ」

  • 0

  •  

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区上白根町、TEL 045-959-1000)に3月1日、釧路市動物園(北海道釧路市)からホッキョクグマ「ツヨシ」が来園した。

 現在国内のホッキョクグマの飼育頭数は減少傾向にあり、全国のホッキョクグマ飼育園間で個体移動をすることで、新たなペア形成を行い、繁殖行動を活性化させている。

[広告]

 ツヨシは札幌市円山動物園生まれ、釧路市動物園育ち。12歳のメスだが、生まれたときオスだと思われていたため名前は「ツヨシ」となった。成長してからメスだとわかったという。

 1日は北海道の天候が荒れていたため、予定していた飛行機が遅れたが、夜のうちに無事来園した。今後は同園で飼育されているオスの「ジャンブイ」(23歳)との繁殖が期待されている。

 一般公開は春休み期間中を予定。