3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

仲町台のギャラリーで水森亜土さんの個展-油彩画の展示のほかグッズなども

自然光が差し込む明るいギャラリー

自然光が差し込む明るいギャラリー

  •  
  •  

 横浜市営地下鉄ブルーライン仲町台駅近くのギャラリー「YUI GARDEN(ユイガーデン、横浜市都筑区仲町台1、TEL 045-949-4911)で12日、イラストレーターの水森亜土さんの個展が始まった。

 「あどちゃん」の愛称で親しまれる水森さんは、1970年代にNHKのテレビ番組「たのしいきょうしつ」で、歌いながら透明なアクリルボードに絵を描く歌のおねえさんとしてデビュー。舞台女優やジャズ・童謡歌手としても活躍し「南の島のハメハメハ大王」やアニメ「ひみつのアッコちゃん」エンディングテーマ「すきすきソング」を歌ったことでも知られている。

[広告]

 水森さんの明るい色使いの愛らしいイラストは、世代を超えて人気がある。個展では、油彩画を中心に展示するほか、イラストの入ったスケジュール帳やペンなどグッズの販売も行う。

 会場は、建築家の横河健さんがプロデュースするセレクトショップ「shop B」内に併設されたギャラリースペース。運営する横河設計工房の石川直史さんは「街中でアートに触れられる場所として気軽に来ていただきたい。目の前が緑の公園というロケーションも一緒に楽しんでいただけたら」と話す。

 開催時間は11時~19時。日曜休廊。入場無料。展示は1月24日まで。