3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

横浜・青葉のアートスペースで陶芸家の作品使った「花生けワークショップ」

陶芸家・二階堂明弘さんの作品を使用する

陶芸家・二階堂明弘さんの作品を使用する

  • 0

  •  

 横浜・青葉のアートスペース「JIKE STUDIO」(横浜市青葉区寺家町、TEL 045-350-3804)で8月9日、陶芸家の二階堂明弘さんの作品に花を生ける「花いけワークショップ」が開催される。

 栃木県・益子を拠点に作陶している二階堂さんの作品を展示する企画展「二階堂明弘の世界 花器展」を現在開催している同スペース。高さ40センチを超える花器やかめを、「寺家ふるさと村」の畑の土を固めて作った台座に展示している。

[広告]

 今回は同企画展に合わせて、華道家の平間磨理夫さんを講師に迎えたワークショップを企画。参加者は、二階堂さんの作品の中から好みの作品を選び、特別協力で採取した寺家の草花を使って生け花を楽しむ。ワークショップの後には、お茶と黒米のぜんざい、和のポルポローネが提供される。

 企画担当の坂上浩美さんは「陶芸という枠を超え、土を使った空間表現は、土のあたたかみ、恵み、大地から生まれるものを想像させる。野の花を生けてみたくなる二階堂さんの作品を見にいらしていただけたら」と話す。

 開催時間は1回目=12時30分~14時30分、2回目=15時30分~17時30分。参加費4,500円(花材費込み・お茶菓子付き)。予約制。

 企画展「二階堂明弘の世界 花器展」は8月10日まで。