食べる 学ぶ・知る

横浜北部の食にまつわる活動を紹介-都筑のカフェで気軽な飲み会イベント

国学院大学の養蜂プロジェクトなど地域の活動を紹介

国学院大学の養蜂プロジェクトなど地域の活動を紹介

  •  
  •  

 横浜市営地下鉄中川駅近くのコミュニティーカフェ「Shairly・cafe(シェアリーカフェ)」(横浜市都筑区中川1)で6月17日、環境やサステナビリティをテーマに地域交流を楽しむイベント「green drinks Kohoku(グリーンドリンクス港北)」が開催される。

 「グリーンドリンクス」は、環境や持続可能な社会づくりなどをテーマに開催されるパーティーイベント。現在世界800都市以上で行われているという。「グリーンドリンクス港北」は港北エリア(横浜市港北区・都筑区・青葉区・緑区など)内外の人々の交流と同エリアの魅力再発見を目的に年数回開かれている。運営は港北経済新聞とそのほか有志。

[広告]

 今回は、横浜北部エリアの「食」をテーマに、このエリアで展開している食に関わる活動を紹介。シェアリーカフェのこだわりの食事とともにさまざまな活動紹介と交流を楽しむ。内容は、「新横浜のパン店シャンドブレパン職人によるこだわりパンの話」「新横浜の室内菜園の紹介」「国学院大学たまプラーザキャンパスの養蜂プロジェクト紹介」ほか。

 港北経済新聞の坂井直人編集長は「日々の取材のなかで関わった方々が多く参加する当イベント。交流の部分を大切にしているので、思いも寄らないコラボレーションが始まることもある。気軽な飲み会でもあるので、少しでもご興味あればぜひ参加してほしい」と話す。

 開催時間は19時~21時(18時30分開場)。参加費は3,000円(ワンドリンク&お食事付き)。要予約(予約は「green drinks Kohoku」ページで受け付けている。会場の関係上予約締め切りは6月8日)。

  • はてなブックマークに追加