3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

日本KFCは2020年で創業50周年

リリース発行企業:日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社

情報提供:

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:神奈川県横浜市、以下:日本KFC)は、本年、創業50周年を迎えます。


大阪万博の実験店
日本1号店(名西店)

 ケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)は、1970年3月の大阪万博で日本に上陸しました。日本KFCは、KFCの故郷アメリカ合衆国への敬意を表し、アメリカ独立記念日と同日の1970年7月4日に創業し、同年11月、愛知県名古屋市に日本1号店(名西店)をオープンしました。当時の日本には「フライドチキン」という名前も食べ方も、まったくなじみがありませんでしたが、店舗数が増えるにしたがって少しずつ知られるようになり、現在では全国に約1,130店舗を展開し、多くのお客さまに親しまれるブランドになりました。50周年を迎えられるのは、支えて下さったお客さまをはじめ、KFCに関わって下さったすべての皆さまのおかげです。

50周年記念ロゴ
 皆さまへ感謝をお伝えするため、3月30日(月)※に、新聞に一面広告でメッセージを掲載しています。また、これからの50年もチキンで皆さまをワクワクさせるKFCでありたいという想いを込めた50周年記念ロゴも制作いたしました。今後、TVCMやパッケージなどで展開予定です。 ※一部地域では日付が異なります。

 日本KFCは、日々変化する時世の中においても、食を通じて「おいしさ しあわせ」を変わらず提供することで、感謝の気持ちを形にしてまいります。また、50周年という節目の年に商品やキャンペーン、活動を通じて心からの感謝をお伝えするとともに、“誰にも真似できないおいしさ”を守り続けることをお約束し、KFCらしいチャレンジに取り組んでまいります。唯一無二のおいしさを守りながらより強いブランドへと進化していくKFCに、今後もどうぞご期待下さい。

  • はてなブックマークに追加