夜の動物園で「リアル謎解きゲーム」-国内初の試み

イベントでは「オランウータンからの手紙」でゲームが始まる

イベントでは「オランウータンからの手紙」でゲームが始まる

  • 0

  •  

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区上白根)で6月22日から、ゲーム感覚で観光名所を巡るリアル謎解きゲーム「夜の動物園と不思議な猿 at よこはま動物園ズーラシア」が開催される。

 同企画は閉園後の同園を舞台に、参加者が登場人物の1人となり、物語に入り込んでミッションクリアを目指す大規模体験型イベント。動物園を舞台にした同イベントは、日本初の試みとなる。横浜パラドクス謎解きタウンを運営するDAS(旭区)が企画した。

[広告]

 当日のイベントでは、オランウータンから博士の助手である参加者に「私はあなたを信用しています。暗号を解いて博士の陰謀を暴いてほしい」という手紙をもらうところからゲームが始まる。参加者は限られた時間の中で、動物園という空間に閉じ込められ、園内の隠された謎を解き明かしていく。

 DASの渡邉大輔さんは「夜の動物の生態を見ることができる時間帯にゲームが始まるので、普段の園内とは違った雰囲気で楽しめる。今回のイベントの正解者は全体の15%もいればいい方かもしれない。一人で謎解きをするのもよいが、友達同士で協力してミッションクリアを目指してほしい」と話す。

 開催日は6月22日、23日、29日、30日の4日間。参加費は2,300円(大学生以下1,800円、イベント同日の日中から動物園の入園が可能)。開催時間は各日18時から。事前申込制。