急死したホッキョクグマ「チロ」-ズーラシアで「思い出会」開催へ

急死したホッキョクグマの「チロ」

急死したホッキョクグマの「チロ」

  •  
  •  

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区上白根町、TEL 045-959-1000)内オットセイ・ホッキョクグマ水中プールで6月18日、急死したホッキョクグマ「チロ」の思い出会が開催される。

 チロは阿蘇クマ牧場(熊本県阿蘇市、現 カドリードミニオン)から同園に入園した雌のホッキョクグマ。1999年の開園当時から展示されていた動物の一頭だったが、5月27日に急死した。年齢は20歳4カ月で、死因は現在調査中。

[広告]

 当日はチロの飼育担当者が思い出を語るほか、来園者・職員が紙の花を献花としてチロにささげる。

 そのほか現在水中プール前にポストを設置し、来園者によるチロの思い出や写真を募集(ポストの設置は6月30日まで)。6月9日現在で約300通のメッセージが寄せられており、持ち寄られた手紙や写真は、職員が撮影したチロの写真と共に7月31日までパネル展示する。

 同園ホッキョクグマ担当の伊藤咲良さんは「あまりに突然のことでびっくりしてしまい、今も寂しい。チロにおもちゃのかわりに竹の葉っぱなどをあげると、とても楽しそうに遊んでいた姿が忘れられない」とチロへの思いを話す。

 思い出会の開催は14時~。入園料は、大人(18歳以上)=600円、中人(高校生)=300円、小人(小・中学生)=200円、小学生未満無料。

  • はてなブックマークに追加