3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

発達障害者向けスケジュール作成アプリにアンドロイド版-都筑のIT企業が開発

「たすくスケジュール」アンドロイド版の操作画面

「たすくスケジュール」アンドロイド版の操作画面

  •  
  •  

 インフォ・ラウンジLLC(横浜市都筑区中川中央2)は5月20日、発達障害のある子どもやその家族支援などを行っている「たすく」(鎌倉市)と共同開発した発達障害者向けサウンド&ビジュアルツール「たすくスケジュール」のアンドロイド版のダウンロード販売を開始した。

 絵や写真、声、音楽を使って表示された日常生活に関する絵カードをタイムライン上に配置して独自のスケジュールを作成できる同アプリ。もともと登録されている176枚の絵カードのほかに、自分の写真や音声を使って新しいカードを作ることも可能。言語障害や自閉症など発達障害のある人を対象に、物事をわかりやすく順序立てて考えられるユーザーインターフェースを搭載している。

[広告]

 昨年7月にiPhone/iPod touch版、今年4月にiPad版のアプリをリリース。今回のアンドロイド版では、入力したテキストがそのまま絵カードとして使える「文字カード作成機能」を追加した(iPhone/iPod touch版、iPad版では未搭載)。

 同社代表社員の肥田野正輝さんは「これまでアンドロイド版の要望は大きかったが、iPhone版とは開発環境や言語がまったく違うので、同じ操作感を実現するのに苦労した。また、アンドロイド端末はあらゆる機種に対応しなければならないのも悩みの種だった。しかし、これまで使いたくても使えなかった多くの子どもたちと支援者に活用してもらえることを考えると、わくわくする」と話す。

 価格は1,800円。