学ぶ・知る

新横浜公園のサクラソウが開花 自生地復活プロジェクトで毎年植栽

開花したサクラソウ

開花したサクラソウ

  •  

 新横浜公園(横浜市港北区小机町)第3水路で植栽しているサクラソウが今年も開花した。

 サクラに似たピンクや白の小さな花を咲かせるサクラソウ。愛好家によって園芸として育てられることが多く、自生する場所は極めて少ない。環境省のレッドデータブックの準絶滅危惧(きぐ)にも指定され、その自生地は保護対象となっている。

[広告]

 同園のある鶴見川流域にはかつて、サクラソウの自生地があったとされていることから、自生地を復活させようと、植栽プロジェクトが9年ほど前に始動した。近隣の小机小学校(小机町)や地元の市民活動団体「横浜さくらそう会」が協力し、毎年植栽活動を行っている。

 サクラソウは一つ一つの株の花は1週間ほどしか咲かない花だが、群生しているこの水路では1カ月程度花を楽しむことができる。同園では水路いっぱいにサクラソウを咲かせるため、10万株の植栽を目指している。